『 コンプライアンス経営マニュアル 』
著者
森山 満
出版社
コード
ISBN4-7857-1108-6
内容
企業が構築すべきコンプライアンス体制およびコンプライアンス・プログラムの実務マニュアル。各種規定・書式例を多数収録。
主要目次

第1部 コンプライアンス・プログラム構築の実務

第1章 コンプライアンス・プログラムの構築

  1. コンプライアンス・プログラムの目的
  2. コンプライアンス・プログラムの内容

第2章 コンプライアンス体制のあり方

  1. コンプライアンス体制構築の基本的考え方
  2. コンプライアンス体制の構築と運営
  3. 報告・相談システムの整備

第3章 ルール(行動準則)の考えかた

  1. ルール(行動準則)の基本的な考えかた
  2. ルールの構築(行動マニュアルの作成)
  3. 構築したルールを社内に定着させる
  4. ルール違反と懲戒処分

第4章 内部牽制システムと内部監査システム

  1. 内部牽制システムの構築
  2. 内部監査システムの構築

第2部 類型別コンプライアンス・プログラムの実際

第1章 利益追求型(損失回避型)不祥事とコンプライアンス・プログラム

  1. 利益追求型(損失回避型)不祥事の特徴とプログラムのポイント
  2. 不正競争とコンプライアンス・プログラム

第2章 個人利得追求型不祥事とコンプライアンス・プログラム

  1. 個人利得追求型不所持の不祥事の基本的考え方
  2. 不正競業とコンプライアンス・プログラム
  3. 窃盗・横領(背任)型内部者犯罪とコンプライアンス・プログラム

第3章 管理怠慢型不祥事とコンプライアンス・プログラム

  1. 管理怠慢型不祥事予防のためのコンプライアンス・プログラムのポイント
  2. 情報管理とコンプライアンス・プログラム
  3. インサイダー取引とコンプライアンス・プログラム
  4. クレーム処理・不法勢力への対処とコンプライアンス・プログラム
  5. 組織事故とコンプライアンス・プログラム

第4章 事後対応失敗型不祥事とコンプライアンス・プログラム

  1. 2次的不祥事の防止とコンプライアンス・プログラム
  2. 説明責任を果たす
事務所案内
所属弁護士
著作紹介
法務の話題